おせち・おせち料理の由来と意味は?

スポンサード

おせち・おせち料理はお節料理とも書きます。 お節は節会(せちえ)やお節供(おせちく)の略称で、古く中国から伝わった五節供の行事に由来します。 五節供(節句)とは季節の変わり目である節目の日で、 人日(じんじつ)(正月7日)・上巳(じょうし)(3月3日)・端午(たんご)(5月5日)・七夕(しちせき)(7月7日)・重陽(ちょうよう)(9月9日)をいいます。 宮中で元旦や五節供などの大切な節日を祝うため、神様に食べものをお供えしそれを「御節供」(おせちく)といいました。 つまりおせち料理は節句のための料理で、お正月だけのものではありませんでしたが、江戸時代に一般大衆に広がると、節日の中で正月が最も重要だったため、「おせち料理」といえば正月の料理をさすようになったようです。 昔はお正月は休日が元旦から三日、長い場合は一週間も続いたので、その間を祝い台所もなるべく使用せず失火の心配もないため冷めたままで食べられる材料を用いています。 商店も三ヶ日は休んだのでその間の保存食の意味もあり、日持ちさせるため味が濃く煮しめなどが主流でしたが、生活様式の変化にともない淡白なものや洋風・中華風・オードブル等従来のおせちとはちょっと変わったものにも人気が出てきています。   ⇒おせち商戦と2018年の人気おせち

スポンサード
伝統文化年中行事
暮らしの「はてななるほど」ブログ