扇風機でおしゃれなスリムタワーをお探しならDCモーターが良いですね

スポンサード

扇風機の最新モデルはAC(交流)からDC(直流)に変わってきています。

ACモーターと比較するとDCモーターは価格以外は利点のみ。

DCモーター扇風機の人気モデルと人気の理由に迫ります。

>>詳細はこちら

 

スポンサード

DCモーターとACモーター扇風機との違い

DCは次の3点で圧倒的にACより性能がまさっています。
※ACとDCの比較数値は同クラスの扇風機で比較したものです。

1.省エネ性能
電気代はAC製品の約1/9と家計に優しいので、エコで快適な暮らしを体験できます。

<最弱時の消費電力>
AC:37W
DC:4W

ワンシーズンの電気代で比較すると
AC:1,177円
DC:127円
※1kWh26円として、1日あたり8時間/5月から9月までの5ヵ月間使った場合で計算

2.静かさ
DCの動作音はおよそ26dBときわめて静か、睡眠中や作業中でも気になりません。

騒音値の目安でいうと
30dBは「深夜の郊外、鉛筆での執筆音」にあたります。

3.細かい調節が可能
風量調節がきめ細かくできます。
つまりACモーターの「弱」と比べ、DCモーターではさらに微弱な風量も設定できます。
机上の書類などが飛ばない、そよ風のような微風を送ることもできます。
また「強」ではACモーターの約1.6倍の最大風量が可能です。

<風量調節>
AC:3段階
DC:8段階

<最大風量>
AC:約6.8?/min
DC:約11?/min

おしゃれなスリムタワー扇風機 Air Slim の特徴は?

・楽天で1番売れています

すべての扇風機・サーキュレーターの中で週間N0.1(2018年5月31日更新)に選ばれました。

・スリムでスタイリッシュなタワー型
場所を選ばず狭いスペースにも置けますし、部屋のコーディネートバランスを崩すこともありません。

・日本メーカー製DCモーターを搭載しています

・8段階で風量調節ができます

・左右に最大70°自動首振りします

・送風のパターンが切り替えられます
通常の「連続風モード」だけでなく、一定のパターンで自動的に風量切り替えを行う「リズム風モード」、睡眠に適したリズムと風量の風を送る「おやすみモード」の切り替えができます。

・30分間隔で、最大8時間までの自動OFFのタイマー設定ができます
12時間無操作で運転し続けた場合、自動で送風オフになる安全機能が搭載されているので、
外出時の切り忘れなど、もしもの時でも安心です。

・リモコンは収納ポケット付きです
紛失の心配がなく簡単にしまっておけます。

・室温表示機能があります
室温を見ながら風量調節することで、よりエコな運転が可能です。

・豊富なカラーバリエーションです
ホワイト・ブラック・ウッド・ダークウッドの4種類です。

モダンデコのおしゃれなスリムタワー扇風機 Air Slim の口コミ・レビューは?

レビュー件数1,266件で総合評価は4.24と非常に高評価です。

 

<期待と異なった人のレビュー>
・初DCモーター扇風機!
DCモーターは電気代が安いというところにひかれて購入しました。
使ってみてからの感想は、室温を表す温度計が常に室温+5℃ぐらいの表示になっていて、暑い日には思わず二度見してしまいます。できれば、リールコードで巻き取って収納できればもう少しお値段が上がっても欲しいです。
改善すべき点もありますが、デザインはとても気に入っています。

<満足度が高かった人のレビュー>
・満足だけど
デザイン:白を購入しました。シンプルでつやがあり気に入っています。
設置:ねじを回すだけで本体と底がくっつくので簡単です。
風量:MAX8だと3メートル先のカーテンもゆれました。
強い風なわりに肌当たりは優しい感じがします。
首ふり:首ふりにすると本体がぐらぐらしながら回ります。
倒れそうなくらいゆれるわけでないし音もないので気になりません。
リモコン:本体と正面の時でないと効きにくい印象です。
音:風量が弱いとほとんど気になりません。風量MAXだとそれなりに音はしますが風の音という感じでうるさい音ではないように思います。寝室で使っていませんがこのくらいの音なら私は寝られるでしょう。
●デザイン、価格、風量等全体的に申し分ないのですが、唯一気が付かなかったのはリモコンです。風量やモードが今、どうなってるかをリモコンで確認できないのがちょっとだけ不便でしたのでリモコンにも表示が出るといいなと思います。
とはいってもとても気に入ったので各部屋に設置したいと思っています。色をかえて購入を検討しています。

まとめ

扇風機は毎日使うものですから、電気代が気になりますよね。

その点ではDCモーター製がACよりは良さそうです。

ご参考になれば幸いです。

>>詳細はこちら