新型コロナウイルスの信頼できる情報をまとめました(有害な延長)

新型コロナウイルス(武漢肺炎・武漢ウイルス)については、
無数の情報が出回っていますが、いたずらに恐怖を煽るものが多いです。

特にテレビの報道は酷く、どこそこで感染者が発生と嬉々として速報しています。

その一方で、政府の対策の遅れについてなにも言わず、
中国の武漢での新規感染者ゼロという情報操作につては、
そのまま垂れ流しています。

中国にコントロールされていることと
視聴率稼ぎだけなのは明らかですので、
できるだけテレビは見ないことしましょう。

幸いなことに、ネット環境の発達によって、
汚染されていない個人が信頼できる情報を発信しています。

情報の発信には必ずバイアスがかかっていますので、
発信者がどのような意図で発信しているかを推測しながら
発信内容を疑い、検証することが必要です。

もちろん、当サイトの情報もご自分の視点で疑ってみてください。

もし、ご自分の考えと違うというのなら、
その根拠が信頼できるかどうかを確かめてください。

政府やテレビがそう言っているとか、ほぼ嘘ですから。

ウイルスの脅しに負けずに、正常な判断をしていきたいものです。

新型というだけあって、必ずしも情報が十分ではなかったですが、
徐々に信頼できる情報も増えてきています。

”正しく恐れよ”

以下に、根拠となる参考情報を載せていますが

要約すると

コロナ本体より、コロナを恐怖と感じる心とそれに伴う
社会・経済のパニックがほうが恐ろしく破壊的だということです。

コロナウイルス感染に冷静になるべき理由

いま日本はコロナウイルスについて、ヒステリックになっている。
もちろん、これは政府や地方自治体の対応が可怪しいこともあるのだが、
テレビが視聴率が取れるということで恐怖を煽っていることも大きい。
さらに専門バカとも言える学者までがタレント気分で自説を吹聴している。

重要なのは常識とバランス感覚です。

問題なのは、コロナの感染者数ではなく、重症者・死亡者の数を増やさずに、
医療現場に機能してもらうことと、
コロナに対する過剰反応による、より大きな被害を防ぐことです。

あたりまえですが、検査数を増やせば感染者数も増えます。

ここでも、テレビは医療崩壊と危機を煽っています。

下記にまともな意見を載せていますので、周りの方に広めていただければと思います。

自粛を要請するってどういうこと?

【コロナ解体新書】数字に騙されるな!感染者数の真実と実は極めて低い致死率

テレビと政治家にだまされるな!本当はコロナはそんなに怖くないはず【その根拠】

京都大学大学院教授藤井聡の学術的な提言

緊急事態制限解除のあり方について、実践的な解決策を藤井さんが提案しています。
人との接触を避けるのではなく、感染を避けることに切り替えないと日本経済は壊滅します。

頭を使えば、感染は99%防げます。なんで政府は頭を使わないのでしょうか?
その感染防止方法についても簡単な具体策を示しています。

また、電車・バス・タクシーは決して感染リスクは高くありません。

利用時のコロナの感染防止策については、専門家がこちらで詳しく説明しています。

【宮沢孝幸×藤井聡】新型コロナ、電車やバス、タクシーは大丈夫なのか?
【宮沢孝幸×藤井聡】コロナ対談第2部:我々は新型コロナからは逃げられない〜知識と胆力さえあれば「封鎖」は必要なし〜(京都大学レジリエンス実践ユニット)

下記のYoutubeは「新型コロナウイルスによる「死亡者」および不況による「自殺者」の「最小化」を目指すリスクマ・ネジメント対策」を纏めた、京都大学大学院教授の藤井聡氏による緊急かつ憂国の解説です。下記の「政府の専門家会議の最新見解(4/1)」の発表前に作成されたものですが、医療崩壊についての危惧および対処策は同じです。

[拡散希望]政府が絶対に知られたくない ロックダウンの闇 〜日本人を殺すのはコロナでなく国家の愚行だ!

医療崩壊の回避】政府が絶対に知られたくない ロックダウンの闇 〜日本人を殺すのはコロナでなく国家の愚行だ!

99%の日本人が知らない自粛要請の罠〜政府が決して言わないもう1つのリスクとは?

新型コロナウイルスによる「死亡者」および不況による「自殺者」の「最小化」を目指すリスクマ・ネジメント対策

第二次世界恐慌 ~生き延びるための戦い~

 

参考になる外国の事情はこちら
↓↓↓

武漢ウイルスの各国の状況と日本へのヒント
武漢ウイルスで知っておくべき情報はこちら ↓↓↓ 中国武漢で発生したコロナウイルスは、発生時の中国の隠蔽もあり、 全世界に広まりパンデミックとなっています。 日本の今後にヒントになりそうな情報に絞って取り上げます。 ...

新型コロナウイルスで知っておくべき情報

基礎的情報

ホリエモンがアメリカ在住の日本人専門家に質問してるYoutubeですが、
一般の人が知りたいと思っている情報がよくまとまっています。

4月末時点での考察(前編)


4月末時点での考察(後編)

基本事項(前編)

新型コロナウイルスについて専門家に質問しました(前編)

基本事項(後編)

新型コロナウイルスについて専門家に質問しました(後編)

ips細胞で著名な「山中伸弥」教授による情報発信

ノーベル賞学者「山中伸弥」氏が武漢ウイルスに対する日本の対応に危機感を抱いて個人的に下記の情報発信サイトを立ち上げている。

山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信

下記はサイトに掲載されている山中先先生の言葉ですが、全面的に同意します。

新型コロナウイルスへの対策は長いマラソンです。都市部で市中感染が広がり、しばらくは全力疾走に近い努力が必要です。また、その後の持久走への準備も大切です。感染が拡大していない地域も、先手の対策が重要です。私たちが一致団結して正しい行動を粘り強く続ければ、ウイルスの勢いが弱まり、共存が可能となります。自分を、周囲の大切な人を、そして社会を守りましょう!

下記の尾美茂氏との対談もこのサイトに掲載されている。

また、批判覚悟の上ということで緊急提言をしている。

5つの提言

氏の現状認識は

検査数が世界の中でも特異的に少ないことを考えると、感染者の急増はすでに始まっていると考えるべきです。

だが、その正否は別として、提言の具体策は頷ける。
藤井聡氏の提言とも一致していて、藤井氏の怒りが切ない。

政府のこれほどの無能を目の当たりにしても、支持率が上がるという情けない国民の情報感度。まさしく政治家の質は国民の質に比例しているのだろう。

概ね、韓国に倣っているが、韓国にできて日本に出来ないはずがないのが、韓国以上に日本政府の無能さが情けない。

一つだけ残念なのは、山中氏はPCR検査の拡充を言われているが、
英国で準備されているような数百万人単位での抗体検査も併せて行えば、厳しい外出自粛策を行った場合でも、抗体を持った人を解放すれば経済の大幅な落ち込みは避けられる。

しかし、政府はやりそうもなく、
まさしく、藤井氏の言ではないが、政治家の無能さによって日本国民は殺されようとしている。

コロナで絶体絶命のイタリアと違い、日本で死者激増の可能性は低い理由

新型コロナの死亡率、韓国で低くイタリアで高い理由は

日本が本当に恐れるべきこと

コロナ恐慌(安倍恐慌)は必至

恐慌に備える一縷の望みは「消費税廃止」だが、今の無能な政府・与野党(無知な国民)では難しそう。

藤井聡の政治家への怒りに共感する

「“消費税ゼロ”緊急鼎談」令和恐慌で中国が一人勝ち?メディアが言わない消費税の真実
「日本の未来を考える勉強会」ー「令和恐慌」の危機ー〜全品目・軽減税率“0” %を早急に実現せよ!〜 令和2年3月5日 講師:京都大学大学院教授 藤井 聡氏