冷凍離乳食の簡単手間なしの裏技を知っていれば急な帰省でもOK!

スポンサーリンク

赤ちゃんが生まれてすぐは母乳や粉ミルクなので、
夫の実家に帰省してもそこまで物は必要ないですよね。

それが離乳食になった頃、夫の実家に帰省するとなると
必要なものが増えますよね。

夫の実家で離乳食を作るのは大変だし、
いつものを持って行きたいけど、
方法が分からないという方も多いはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

離乳食の簡単な冷凍保存方法

製氷皿での冷凍

少々ずつに分けることができる製氷皿は、
最初の頃の離乳食の冷凍保存にとても便利です。

フタ付きの製氷皿なら持ち運びも便利です。

フタなしの製氷皿なら、しっかりとラップをして
冷凍用の袋に入れて保存してくださいね。

フタ付き保存容器での冷凍

離乳食が進み1回に食べる量が増えてくる頃は、 フタ付きの保存容器が便利になります。   フタ付きの保存容器なら、 そのままレンジで解凍もできますよ。

ジッパー付冷凍用袋での冷凍

製氷皿での保存だとかさばるという時は、
完全に凍った中身を取り出して
ジッパー付きの冷凍用の袋に入れ替えると
かさばらなくなりますよ。

また、ジャガイモやサツマイモなどのペーストを平らに伸ばして、
使う分ずつに筋をつけておくと取り出すのが簡単です。

スポンサーリンク

離乳食を運ぶおしゃれなオススメ保冷バッグ

離乳食を運ぶときの保冷バックも
オシャレなものがいいという方に、
楽天で紹介されているバッグを紹介します。

ネイティブハート FREE&EASYシリーズの保温保冷バッグです。

ファッションバッグのように
とてもオシャレで可愛い保温保冷バッグです。

こちらの商品は20種類から選ぶことができます。
レジカゴサイズと大きいので、たくさん持ち運ぶときに便利です。

どのタイプもしっかりした作りで
中に物を入れなくても自立するので、
入れたものがかたよりにくいです。

シンプルなデザインから、ねこやくじら、
白くまなどの動物の柄など、11種類から選ぶことができます。

中でも私ははりねずみの柄が可愛いと思いました。

離乳食冷凍で気をつけるべき5つの注意ポイントとは

  • 食材は加熱する

赤ちゃんは消化機能が未熟なので、
離乳食は食材をすりつぶしたり、小さく刻んだりして食べさせます。

このときに食材は刻んでから加熱することを徹底してください。

冷凍するものの加熱したものを使いましょう。

  • しっかり解凍する

加熱してから保存したものでも、解凍するときは
必ずしっかりと加熱して、冷ましてから食べさせます。

特に、冷凍したものを常温で自然解凍すると、
菌が増殖する原因になりますので避けてください。

また、一度解凍すると雑菌が繁殖しやすいので
一度解凍したものは再び冷凍しないでください。

  • 常温保存や食べ残しの保存しない

常温で放置しておくと
雑菌があっという間に繁殖してしまいます。

また、食中毒の原因にもなるので注意してください。

これは食べ残しも同じで、唾液に含まれている雑菌が
一緒に保存されてしまうことになるので、
もったいなくても食べ残しは処分してくださいね。

  • 日付を書いておく

冷蔵庫に入れる前に入れた食材と日付を
ふせんなどに書いて貼っておきましょう。

こうすることで保存期間の管理もできますし、
何が入っているかもすぐ分かります。

冷凍するものは同じような容器が多いですし、
ふたなどにしもが付いてしまって見えにくいこともあるので、
書いておくと便利なので私もそうしていますよ。

  • 賞味期限

冷凍したものはだいたい1週間が賞味期限になります。

また、古いものから早めに使ってください。

まとめ

冷凍保存は便利ですが、赤ちゃんは菌に弱いので、
きちんと管理して作ったり持ち運びましょう。

そうすることで、夫の実家に帰省しても
負担が少なくてすみますね。

スポンサーリンク
子育て
スポンサーリンク
暮らしの「はてななるほど」ブログ