みんなに自慢できる!道の駅で出来るスタンプラリーが今熱い!

スポンサーリンク

最近では休憩所としてだけではなく、旅行の目的地の1つとしても人気がある道の駅ですが、よくスタンプ台が置いてあるのを見たことがありますよね。

私も子供の頃よくスタンプを押していた記憶があります。

そんな昔からある駅などの絵が描かれた大きなスタンプなんですが、スタンプラリーが開催されているということは知っていますでしょうか。

スタンプを集めると抽選で商品が当たったりと、特典があったりもします。     そこで今回は道の駅のスタンプラリーについて紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今まで開催された道の駅スタンプラリーを振り返る!

ここでは今まで開催されたスタンプラリーや、昨年から開催されているスタンプラリーについて紹介していきます。

  • 北海道 スタンプラリー

スタンプを集めて応募すると、「道の駅」オリジナルスタンプブックカバーや特産品セットA・B・Sがあたります。

また、期間中に115駅以上の「道の駅」のスタンプを集めれば、もれなく「全駅完全制覇認定証」及び「2017年版全駅完全制覇ステッカー」がもらえます。

  • 東北「道の駅」スタンプラリー

スタンプを集めて応募すると、特産品引き換え券や津軽海峡フェリー片道ペア乗船券、JTB旅行券、レギュラーコーヒー3缶詰め合わせパティシエのりんごスティックなどが当たります。

また、144駅以上完走すると完走証明書とステッカーがもらえます。

  • 関東「道の駅」スタンプラリー

お得なクーポン付きのスタンプラリーです。 特産品引き換え券が抽選で当たります。   また、ダブルチャンスで、道の駅特産品3,000円分が抽選で当たります。   164駅制覇で、完全制覇認定証とゴールドステッカーがもらえます。

  • 北陸「道の駅」スタンプラリー

参加特典で「道の駅」で使える割引クーポンがもらえます。   クーポン賞とA・B賞があり、抽選でもらえます。   また、75箇所の駅を制覇すると完走認定証とステッカーもらえます。

  • 中部「道の駅」スタンプブック完全走破賞

完全走破すると、走破証書とステッカーがもらえます。   道の駅の特産品とアサヒ「十六茶」やクーポン券が抽選であたります。

  • 近畿「道の駅」スタンプラリー

完全制覇すると、完走認定書とステッカーがもらえます。   期間中に全駅制覇すると、1万円相当の商品をもらえることができます。

  • 中国地方「道の駅」めぐり ~全駅制覇~

「チャレンジ全」スタンプラリーとして全駅のスタンプをあつめるものと、「チャレンジ10」スタンプラリーとして各県1ヶ所以上で10駅をめぐるものがあります。

  • 四国「道の駅」スタンプラリー

努力賞  「道の駅」のスタンプ合計15個以上

四国地区「道の駅」連絡会オリジナルマグネット    80本 駅長賞  「道の駅」のスタンプ合計30個以上      「道の駅」1駅分のお土産        118本

敢闘賞  「道の駅」のスタンプ合計50個以上

4000円相当の「道の駅」お土産   有効期間内に応募すると、有効期限に応じた「完全走破認定証」及び「完全走破ステッカー」がもらえます。   また、有効期間を過ぎて応募しても「ゆったりコース」として年度無記入の「完全走破認定証」がもらえます。

「自慢の一品ラリー」といって、5駅のスタンプを集めて道の駅特産品がもらえるスタンプラリーも開催されていました。

  • 九州・沖縄「道の駅」スタンプラリー

各駅の特産品や買い物券抽選で当たります。

道の駅の効率よいスタンプラリーの巡り方!

道の駅のスタンプラリーですが、全駅を制覇しようと思っても、駅が多いですし、場所も1つ1つが離れているので大変ですよね。

そこで効率のいい道の駅の巡り方を紹介していきます。

まず、道の駅には公式ホームページがあって、各県別に道の駅の場所を調べることができます。

なので、この道の駅公式ホームページで、それぞれ巡りたい道の駅の場所を調べることから始めましょう。

次にその地図を見ながら、どこのルートを通れば一筆書きのように何回も往復しなくていいかを考えます。

このように道の駅をたくさん巡ろうと思うと、計画を立てておくことが非常に重要になってきます。

また、それぞれの道の駅の開店時間や休館日を調べておくことも重要です。

スタンプが置いてある場所が道の駅の中なので、中に入れないとスタンプが押せないからです。

ルートと時間を考えながら計画を立てておくことが一番効率よく道の駅を巡ることができます。

まとめ

スタンプラリーの冊子を買うと、「スタンプブック持参サービス」といって、スタンプブックを見せるとサービスが受けられたりもします。

商品が抽選で当たるだけではなく、サービスも受けられるのはお得ですよね。

また、スタンプラリーで使うスタンプは、たくさんの人が使います。

なので、公式ホームページにもありましたが、スタンプやスタンプ台は大切に扱ってくださいね。

スポンサーリンク
イベント
スポンサーリンク
暮らしの「はてななるほど」ブログ