あの頃の輝きをこの手に!還暦野球でいざ全国制覇!大会への道筋とは

スポンサーリンク

  学生時代に野球をやっていたけれど、 社会人になって遠ざかったという方は多いと思います。     60歳を向かえ、もうあの頃のように力強く 球が投げれたり、バットが振れないという方もいますよね。       それでも野球が好きだし、久々にプレイしたい という思いを抱いている方もいると思います。   そんな方におすすめしたいのが、 還暦から始める『還暦野球』というものです。   60歳を迎えたからといって、学生時代の頃のようには いかなくても、身体はまだまだ元気ですよね。   そこで運動がてら、好きな野球をしてみませんか?   還暦野球とは60歳になった人が参加できる野球組織で、 ほぼ全国都道府県に還暦野球連盟があります。   発祥は群馬県前橋市で、1979年に 7つのチームが誕生したことからだといわれています。   年々チームの数が増えていて現在は、 登録チーム数で500チーム以上、 未登録を入れると1,000チームがあると言われています。   そんな還暦野球は、 各都道府県連盟主催の公式試合及び 各種選抜大会が開催されています。   また、1年に1回、都道府県代表による 全日本還暦軟式野球選手権大会も行われていますよ。   まるで甲子園みたいですね。   また、70歳以上の選手が参加する古希大会、 75歳以上のグランド古希大会も行われるようになり、 古希大会の参加チーム数も年々増えています。   [ad]

スポンサーリンク
スポンサーリンク

3分あれば理解できる!還暦野球と野球、どう違う?

還暦野球は普通の野球とは何が違うのか、 まずはルールを知っておかないと楽しめませんよね。   そこで、違いを比べてみました。

プロ野球還暦野球
ボール硬式ボール軟式ボール
イニング9回7回
投手板から塁までの距離18.440m16.3m
塁の間の距離27.431m25m
人数9人以上11人以上

ルールは基本的には普通の野球と同じですが、 塁間や投手と本塁間の距離がそれぞれ 約2メートル短くなっていますね。   また、ボールは軟式高校野球が使う Aボールに比べ、直径で2ミリ小さく、 重さで1グラム軽いBボールを使います。   その他、安全のためヘルメットや 捕手のプロテクターなどが義務づけられています。

人気沸騰中!?還暦野球を始める第一歩!各団体、徹底リサーチ!

2016年に群馬県で開催された、 第32回全日本還暦軟式野球選手権大会では、 神奈川県の「川崎ドリーム」が優勝しました。   決勝は、宮城県の「宮城ドリームズ」との対戦で、 熱い試合が行われたようです。   ちなみにこの大会に出場したチームは 64チームもあります。   近場にあるほうが参加しやすいと思いますので、 まずは自分の住んでいる近くにないか探してみるといいですね。

まとめ

昔のようにはいかなくても、同じ年代の人が集まれば 話に華が咲くでしょうし、楽しければ笑顔になります。   笑うことで、ストレスの軽減にもなりますし、 楽しい気分やリラックスした状態になれば、 記憶力向上の効果も受けることができますよ。   そして試合を家族に見に来てもらって、 「お父さん、かっこいい」と思わせちゃいましょう♪

スポンサーリンク
イベント
スポンサーリンク
暮らしの「はてななるほど」ブログ