知らないと恥をかく!六曜についてのそれぞれの意味をご紹介

スポンサード

六曜(ろくよう、りくよう)とは

特にお祝い事をするときに、気になりますよね?

友人やご近所さんにお祝いをお渡しするときに、「今日は大安だから…」などとカレンダーを見ることも少なくないでしょう。

なんとなくお祝い事は、仏滅は避けて大安に…と考えてすることが多いと思います。

では一体、この六曜とは何なんでしょうか?

最近では仏滅に結婚式をする人が少ないので、仏滅の料金が安いという式場も多いとか。

本当に仏滅の結婚式はダメなの?
一番いいのは大安?
そのほかはどうなのか?

いまさら聞けないけど、知らないこともいっぱい…。

六曜について、ご紹介しましょう。

スポンサード

六曜の由来と名付けの順番・割り当て規則は?

六曜とは、カレンダーを見ると書いてある
「先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口」の6つです。

六曜は中国が由来で、時刻の吉凶を知るための占いで使われていました。
日本には14世紀ごろ、そうですね、鎌倉時代から室町時代ごろに入ってきて、江戸時代の終わりごろから日の吉凶を表す日本独自の使い方になりました。

先勝⇒友引⇒先負⇒仏滅⇒大安⇒赤口の順番に1日ごとに回ってきます。

旧暦の毎月1日の六曜は以下のように固定されていて、閏月は前の月と同じになります。

1月1日・7月1日:先勝
2月1日・8月1日:友引
3月1日・9月1日:先負
4月1日・10月1日:仏滅
5月1日・11月1日:大安
6月1日・12月1日:赤口

つまり旧暦での日付が1月1日あるいは7月1日は先勝となります。
また六曜の順番は決まっているので、1月2日・7月2日は友引となります。
ただ、旧暦の1月末日の六曜がなんであろうと、月が替わった2月1日は友引となるので新暦ではなおさら分かりません。この分からなさが神秘的とみなされる根拠ともなっています。

新暦・太陽暦が使われている現在では、旧暦の日付が分からないので、毎日カレンダーで確認する必要があります。

スポンサード

意外に知らない六曜の読み方と意味は

六曜の読み方と意味について説明します。

・先勝(せんしょう、さきがち)
急ぐことがいいという日で、午前中に大切なことをすると良い日です。

・友引(ともびき)
大安の次に結婚式にいい日で、お昼以外の朝と夜は吉日です。

・先負(さきまけ、せんぶ)
先勝と反対で、急がないのがいい日です。午後からは大吉です。

・仏滅(ぶつめつ)
大切なことはもちろん、何もしない方がいい日です。でも、葬儀や法事などは良しとされています。

・大安(たいあん、だいあん)
一日中吉日で、六曜の中でも一番吉とされている日です。

・赤口(しゃっこう、しゃっく、せきぐち)
午の刻(午前11時ごろ~午後1時ごろ)以外は凶です。お祝い事などは、仏滅の次に避けた方がいいでしょう。

結婚式やお祝い事などは、時間を選べば大安にこだわる必要はないようです。
仏滅以外なら、赤口でも時間を見れば大丈夫そうですが、お相手の方が六曜にこだわるの方なら、やっぱり大安を選ぶのが一番いいかもしれません。

まとめ

カレンダーを見たり、お祝い事などをするときに、何の気なしに気にはなっていた六曜今回ご紹介した内容で、少しお役に立てたでしょうか?

最近の若い人の中には「まったく気にしない」という人も増えているようですが、やっぱりお祝い事などは、お互いが気持ち良く贈り、受け取りたいものですよね。

そのためにも、六曜の意味を知るのはとても意味があることだと思います。
家に一つは、六曜が書かれたカレンダーが必要かもしれませんね(笑)

スポンサード
伝統文化
暮らしの「はてななるほど」ブログ