長生きしてくれてありがとう!喜寿祝いの由来・意味とゆかりの色は?

スポンサード

祖母が喜寿を迎える事になって 喜寿を祝う食事会をするので出席するように母親から言われました。 喜寿って何歳だったかしらと訊き返すのも常識が無さすぎると言われかねないので 調べてみました。

スポンサード

喜寿とは?お祝いの由来と意味は?

喜寿とは数え年77歳の年祝いをいいます。 喜の字の祝い・喜賀ともいうように、「喜」の字の草書体(上図参照)が七十七に見えるところから来ています。 歴史的には室町時代の末期ごろから行われるようになったようです。 還暦・古稀などの年祝いと同じく長寿を祝います。 古稀(70歳)は「古来稀れ」から来ているのですが、さらにプラス7歳ですからおめでたいですよね。 還暦は中国でも盛大にお祝いするようですが、喜寿は日本独自の行事です
日本人は数字が並ぶのを好むのですが、 66歳のお祝いは無く、77歳から祝い始めて、 88歳は米寿、99歳は白寿となります。  

外国での長寿祝いはどうなっているでしょう。  

中国や韓国では還暦は盛大にお祝いしますが、それ以外の年のお祝いは特に無いようです。
欧米では50歳ぐらいから10年単位でお祝いするのが普通だとか。

年齢の数え方はどうするの?

本来は数え年が正しいのですが、最近は満年齢でお祝いをすることも多くなってきています。
簡単に数え年と満年齢の関係をいうと、

【数え年】 数え年は誕生時点で1歳として、以後元日を迎えるごとに1歳ずつ加えていきます。   【満年齢】 誕生日の年を0歳として、0歳から数え始めて、以後1年間の満了ごとに1歳ずつ加えます。 現在、日本で公的かつ広く一般的に使われているのはこの満年齢です。  

【数え年の計算方法】
その年の誕生日後だったら 数え年 = 満年齢 + 2
その年の誕生日前だったら 数え年 = 満年齢 + 1 になります。

スポンサード

喜寿のお祝いの仕方やプレゼント、お祝いの色は何?

祝い方ですが子供や孫などが一同に揃って会食するのが一番いいのではないでしょうか。
そのような機会は少ないでしょうし、皆の顔を見れるだけでお祝いされる方も喜ぶと思います。
その席でちょっとしたプレゼントもあげたら最高ですね。

どうしても出席できないという時は、「お祝い金」をあげてもいいし、皆と一緒のプレゼントに入ればOKです。
もしプレゼントもあげるなら「紫」にちなんだものがいいでしょう。 昔から喜寿のお祝いには紫色の物を贈るのがよいとされてきました。 紫色は高貴な色で昔は位の高い人以外は身に付けることができなかったのですが、 長寿の方はそれだけで高貴だということです。
「古稀」の色も紫で、やはり同じ理由です。

喜寿祝いのもらってうれしい人気プレゼントをご紹介!

・名前入りのお酒

・77本の紫のバラ

・プリザーブドフラワー

・紫のちゃんちゃんこと座布団に大黒頭巾

・似顔絵パネル

昔とことなり、まだまだお元気な方もおおいので、 あまり老人扱いしないさりげないプレゼントのほうがいいかもしれません。

まとめ

日本では昔から長寿の人を大事にするという風習がありました。
それに数字の重なりを喜ぶという好みもあって、 日本独自の行事として77歳の喜寿の祝いが始まりました。
平均寿命が伸びたといっても、 元気に喜寿を迎えられる方はまだまだそんなに多くはないでしょう。
ご自分の身内や親族で喜寿を迎えられるかたがでたら、 喜んでお祝いしてあげれば、自分自身も喜寿のお祝いを受けられるかもしれませんよ。

スポンサード
伝統文化
暮らしの「はてななるほど」ブログ